NEWS TOPICS

  • 追加する

こんにちは。4月に入社した新入社員の田方巧味です。

現在は、AWSのクラウドプラクティショナーとソリューションアーキテクトアソシエイトの資格取得の勉強を行っております。

私は、今回AWSクラウドプラクティショナーを受験して、無事合格することができましたのでその勉強などをまとめていきたいと思います。

・試験概要

 AWSクラウドプラクティショナーは、試験時間150分、問題数65問、合格ラインが1000点満点中700点の70%の試験です。問われた内容は主に、AWSの基礎的なクラウド・セキュリティ・テクノロジー・請求と料金についての知識を求められます。いままでAWSの存在は知りつつも詳細は知ることはなかったので、この試験を受験することでAWSの基礎的な知識を身につけることができました。

・勉強時間

 勉強は、出社日は3営業日、プレミアムデーの金曜日と土曜日・日曜日の3連休を勉強時間にあてました。勉強時間は、出社日は火曜日が午後以降で、水曜日と木曜日が9時間ずつと3連休で合計12時間行いました。

・勉強方法

 学習は会社で行いました。最初にAWS公認の教科書をさらっと流し見することで、基礎知識を身につけました。続いて、基礎的な知識をUdemyの動画を倍速でみることでより理解を深めました。今回の試験は申込日から受験日までの日数が非常に短かったこともあり、勉強はUdemyの模試やWebでも模試など実践的な問題を解くことで行いました。

・まとめ

 AWS認定試験は基礎的な内容とはいえ、勉強時間が短く前半の山場の受験といえます。これまで大学等でプログラミングの知識はある程度習得してきましたが、クラウドについての知識はさっぱりだったので受験することで知識を取得することができたので良かったです。ソリューションアーキテクトの内容もある程度勉強しておくと実際の試験時に混乱することがないので、ソリューションアーキテクトの教科書を読んでおくことをお勧めします。

 また、実際の試験ではまわりくどい聞き方で問われたため、応用問題を解いておくなど対策をとっておくとよいと思います。