NEWS TOPICS

  • 追加する

開発第2部の西田涼です。

この度、オープンソースデータベース認定資格「OSS-DB Silver」に合格いたしましたので、
合格までの道程をまとめさせていただきます。


【試験概要】
●オープンソースデータベース技術者認定資格(OSS-DB技術者認定資格)

上記の資格は
特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が
オープンソースデータベース(OSS-DB)に関する技術力と知識を認定する資格です。

今回、私が受験した「Silver」という区分では
OSS-DBに関する一般知識や開発・運用に必要な基礎知識が問われました。

また、試験に出題されるOSS-DBはPostgreSQLです。

●出題形式
出題数 :50問
試験方式:CBT・多肢選択方式(テストセンターまたは自宅での受験)
試験時間:90分


【試験対策】
●使用した教材等
①OSS教科書 OSS-DB Silver Ver2.0対応
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4798162558/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4798162558&linkCode=as2&tag=lpijapan01-22&linkId=bb96d9c755f12adc151f8c03dc0038ea%22>OSS%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8%20OSS-DB%20Silver%20Ver2.0%E5%AF%BE%E5%BF%9C</a><img%20src=%22//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=lpijapan01-22&l=am2&o=9&a=4798162558

②徹底攻略OSS-DB Silver問題集[Ver.2.0]対応
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4295008745/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4295008745&linkCode=as2&tag=lpijapan01-22&linkId=7db6dc781cdce9acb43ef3b262d9cfa7%22>%E5%BE%B9%E5%BA%95%E6%94%BB%E7%95%A5OSS-DB%20Silver%E5%95%8F%E9%A1%8C%E9%9B%86[Ver.2.0]%E5%AF%BE%E5%BF%9C</a><img%20src=%22//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=lpijapan01-22&l=am2&o=9&a=4295008745

③PostgreSQL実機

●学習の進め方
①のテキストをベースに、PostgreSQL実機に触れながら学習を進めました。
(PostgreSQLのインストール方法は①のテキストに記載があるので、
 そちらの参照していただければと思います)

②は問題と解説がメインとなっているテキストのため、
先に①から読むことをおすすめします。

「①を周回したあと、②を解く」というフローを繰り返し続け、
②の正答率が安定して8割を超えるようになってから受験に臨みました。


【試験結果】
スコア:82点(合格スコア:64点)
正答率:一般知識  :87%
    運用管理  :76%
    開発/SQL:87%

50問で多肢選択式なので、1問あたり1分かけても半分程度は時間が余ります。
私の場合、60分で問題を終え、見直しの時間も十分に取ることができました。


【受験した印象】
内容はOSS-DB独自というより、RDBMS全体にかかわる問題のほうが多かった印象でした。

PostgreSQLに触れたことがなくても、
リレーショナルデータベースにかかわる業務に携わっている人は
すこし知識問題を詰めれば難なく合格できるのではないかと思います。

OSS-DBには上位試験「Gold」があるので、
次はそちらに向けて学習を始めたいと思います。