NEWS TOPICS

  • 追加する

2021年4月に入社しました、浜田和徳です。

入社して3カ月経ち、会社の雰囲気に少しでもなじめたかなと思う今日です。

この度 AWS Machine Learnig Certificationを合格することができましたので、その学習方法について共有したいと思います。

その前に資格の概要を紹介します。

概要

AWS Machine Learning Certification(以下 AWS ML)はAWSクラウドを使用した機械学習を行うためのスキルを有することを確認するための資格です。

以下は資格試験で試されるものをホームページから引用したものになります。

認定によって検証される能力
・与えられたビジネスの問題に対し、適切な ML アプローチを選び、その理由を説明できる
・ML ソリューションの実装に適した AWS のサービスを選択する
・スケーラビリティ、コスト効率、信頼性、安全性に優れた ML ソリューションを設計し、実装する

推奨される知識と経験
・AWS クラウドでの ML/深層学習ワークロードの開発、設計、実行における、1~2 年の経験
・基本的な ML アルゴリズムの基となる考えを表現する能力
・基本的なハイパーパラメータ最適化の実践経験
・ML および深層学習フレームワークの使用経験
・モデルトレーニングのベストプラクティスを実行する能力
・デプロイと運用のベストプラクティスを実行する能力

このようにAWSサービスと機械学習のスキルが必要な試験になっています。

試験時間は180分、問題は65問、合格ラインは75%でした。
時間のわりに問題数は多くないので余裕をもって解くことが可能です。

学習方法

私が学習に使用したサイトは下記のとおりです。

・Coursera
 Courseraでは機械学習の手法を学習しました。日本語字幕がついていること、機械学習に関する内容がとても詳しく説明されており、高校数学程度の知識があれば十分理解できる内容でした。
・Udemy
私はAWSサービスの概要をUdemyの動画学習を利用して勉強しました。試験で問われた内容の多くが動画内にあり、概要をつかむには最適な動画だったと思います。
 また、AWS ML模試も3つありましたので、それの問題をほぼすべて理解できるようになるまで繰り返し解きました。
・AWS 公式模試
 公式の模試を利用して、試験問題の難易度や雰囲気を知ることができました。これは先日ほかのAWS認定資格を取得していたため無料で受けることができました。
・AWS 公式ドキュメント
 機械学習で使われる主要なAWSサービスのドキュメントを読みました。詳しく内容が書かれているため、理解することは大変でしたがとても有意義だったと思います。

試験を受けた感想
 私の感想としてはまだまだAWSドキュメントの読み込みが甘かったかなという印象を受けました。しかし立ち止まってよく考えると不正解であろう選択肢がわかるため、落ち着いて解くことが重要な試験っだと感じました。
 実際に業務で使用するとなったときに役に立てるようもう少し学習したいと思いました。

試験ではAWSサービス以外にも機械学習についての問答が多く、機械学習分野の知識も得られたと思います。

次回AWS Data Analyticsの試験もAWS以外の分野に関する知識も同時に得られるよう努力していきたいと思います。