NEWS TOPICS

  • 追加する

2021年4月に入社した奥颯斗です。

この度、AWS Machine Learning- Specialtyの試験を合格することができたので、
その勉強方法をまとめさせていただきます。

・試験の概要

AWS認定の公式サイトによると以下のようになっています。

「AWS Certified Machine Learning – Specialty」は、開発あるいはデータサイエンスの業務を行っている方を対象としています。
この試験では、与えられたビジネス上の問題に対する機械学習ソリューションを設計、実装、デプロイ、維持する受験者の能力が検証されます。

形式 : 65問
実施形式 : テストセンター/オンラインプロクター試験
時間 : 180分
料金 : 30,000円
言語 : 英語、日本語、韓国語、中国語 (簡体字)


・事前知識

AWS クラウドプラクティショナー及びAWS ソリューションアーキテクト アソシエイト取得済み。
機械学習に関する知識はなかったです。


・学習方法

私が勉強に使ったサイトは以下の通りです。

Coursera
機械学習の講座

AWS Learning path
Exam Readiness: AWS Certified Machine Learning – Specialty (Japanese)

Udemy
AWS Machine Learning Certification Exam | Complete Guide
AWS Certified Machine Learning Specialty: 3 PRACTICE EXAMS
AWS Certified Machine Learning Specialty Full Practice Exam
AWS Certified Machine Learning Specialty (MLS-C01)

試験に出た機械学習に関する問題はCourseraの講座を理解しておけば大体解けるような気がしました。
Udemyでの勉強方法は、下3つは模試だけ解きました。一番上の講座は、sagemakerに関する知識を多く勉強できるため非常に役立ちました。


・感想
機械学習に関する問題が多く、機械学習に関する知識を身に着けておくことと、
AWSの各サービスやSagamkerで使えるアルゴリズムなどの使いわけを理解することが大事だと思いました。
本試験の合格に向けて、今まで名前程度しか知らなかった機械学習に関する知識などを勉強でき、
自身のスキルアップにも大きく繋がったと思います。
次はAWS Data Analyticsの試験を受ける予定なので合格できるようにがんばります。