NEWS TOPICS

  • 追加する

20214月に入社した田中伶奈です。

 AWSマシンラーニングの資格を取得しました。これまでに取り組んできた内容についてまとめさせていただきます。

  

この試験は”AWS Certified Machine Learning – Specialty”という試験で、合格ラインは750/1000点となっています。

 

問題数は65問、試験時間は180分と長めになっているので、時間配分を気にせずゆっくり考えながら問題を解いても見直しがしっかりできるくらい時間が余りました。

 

模試に比べて本番の問題はかなり難しく感じたり、テストセンターの環境音が気になったりし集中力が切れてしまいそうでしたが、落ち着いて解けばわかる問題も多々あったのでところどころ少し休憩を挟みながら取り組みました。

  

試験勉強では以下の内容を学習しました。

 

courseraの機械学習の勉強

・ラーニングパス

udemy模試(10問×2種類, 65問×3種類)

AWS公式模試

AWS WEB問題集で学習しよう(非公式問題集)

 

Courseraの機械学習の勉強とラーニングパスでは機械学習の基礎について学ぶことができました。

試験ではAWSのサービスの内容だけでなく、機械学習の基礎について問う問題も出題されるのでcourseraの学習にも時間をかけておいてよかったと思います。

ラーニングパスの内容はほとんどcourseraと似たような内容となっているので軽く目を通すくらいでした。

 

Udemyの模試と公式模試はそれぞれ2回ずつ取り組みました。

複数のAWSサービスが組み合わさった内容は問題の大半を占めているので、模試を解くことで重点的に勉強できました。

公式模試から2, 3問ほどほぼ同じような問題が本番でも出題されていたのでやっておいてよかったと思います。

 

WEB問題集は全部で100問ほど問題があり、udemyや公式模試に乗っていない問題も解くことができるので問題に慣れることができてよかったと思います。

 

 最後に感想ですが、先述の通り模試に比べて本番の問題はかなり難しく感じました。

試験中は不安になりながら問題を解き進めていましたが、無事合格することができて本当に良かったです。

また、試験に合格することで少し自信がついて次の試験のモチベーションにも繋がりました。

この調子で次の試験も合格できるように頑張ります。