NEWS TOPICS

  • 追加する

開発第六部 浅井智博です。

 この度、AWS Data Analytics – Specialtyの試験を無事合格することができたので、その勉強方法をまとめていこうと思います。

 まず前提としてAWSでの開発経験は全く無い状態ですが、事前知識として「AWS CLF」「AWS SAA」「AWS MLS」資格を取得したためAWS特有の専門用語は少し理解している状態でのスタートでした。

 

【試験対策】

 初めに行った勉強はAWS Data Analytics特有の知識の補填でした。

Udemyにある

 

AWS Certified Data Analytics Specialty 2021-Hands On!

 

という動画を見ながら全体の知識を増やしていきました。

これは細部まで確かめることはせずに、流し見で全体のフローを確かめる程度の温度感ですることが大事だと個人的には思っております。

 

そのあとは、ひたすら模擬問題を解いていました。

 

具体的には以下に記載している三つのサイトにある問題解いていました。

 

Udemy AWS Certified Data Analytics Specialty Practice Exams

AWS WEB問題集で学習しよう「AWS 認定 データアナリティクス専門知識」

Whizlab AWS Certified Data Analytics – Specialty

 

この中でも、UdemyWEB問題集は特に参考になりました。

高得点を目指す場合は、Whizlabを合わせて受講することをおすすめします。

 

【感想】

 

試験中は半分くらいがわからない部分があったので不安でしたが、細部の単語がどういったことができるかを覚えていたので消去法で選択肢を減らして正解する確率を上げていけたのが合格できたポイントだと思っております。なので、これから受験する方は問題と答えだけを覚えるのではなく、不正解である選択肢がなぜ不正解なのかを隅々まで確認することを心掛けていただきたいと思います。