NEWS TOPICS

  • 追加する

開発第六部の末吉正和です。

 

Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 8」を受験して合格することができましたので、試験概要や勉強方法についてまとめました。

 

 【試験概要】

Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 8Java SE 8 Programmer II  1Z0-809-JPN

・受験料金          : 32,340

 ・試験時間          : 150

 ・問題数              : 85問(選択問題)

 ・合格ライン      : 65%

 【取得済みの資格】

4月にJava Silverを取得済みです。

Javaでの開発経験は、大学で多少触ったことがある程度です。

 

【勉強方法】

以下の教材で勉強しました。

・徹底攻略 Java SE 8 Gold 問題集(黒本)

・オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Gold SE 8(紫本)

 個人的には黒本の解説がわかりやすかったので黒本を中心に勉強しました。

 勉強期間は2,3週間でした。

 

【感想】

黒本で見たような問題が本番でも出題されており、合格には必須だと思いました。ただ、黒本には載っておらず紫本にしか書いていない内容も出題されますので、黒本だけ読めば合格できるというわけではないです。

本番は集中力との勝負なので、前日は徹夜せずにしっかりと睡眠を取りましょう。

Java Silverに比べてかなり難易度が上がっているので、Java Silver簡単だったしまぁいけるでしょと考えていると痛い目見ます。