NEWS TOPICS

  • 追加する

こんにちは 開発第6部の浜田和徳です。

Python3エンジニア認定データ分析を受験し,無事合格することができましたので,学習方法と試験の感想をお伝えします。

 

試験の概要

Python3エンジニア認定データ分析は一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会が行うPythonを使ったデータ分析の基礎や方法を問う試験です。

問われる内容は機械学習に用いられるPythonのライブラリの概要や,機械学習の手法の基礎といった基礎的な部分の知識が求められます。

 試験内容は

 試験時間:60

 出題形式:選択式

 合格基準:70%

 受験料 :10,000(税抜)

となっています。

 

学習方法

学習には

・公式で主教材として用いられている「Pythonによる新しいデータ分析の教科書」(翔泳社)

・模試2種

              dive into code(https://diveintocode.jp/)

              PRIME STUDY(https://study.prime-strategy.co.jp/)

を用いました.模試についてはPython3基礎認定試験の時にも使用したサイトになっています。

まずは教科書を読み,その後模試を解いて模試の内容が9割理解出来たら資格を取得することができるようになると思います。

 

試験の感想

 機械学習を用いる上で欠かせない知識となるnumpypandasmatplotlibといったライブラリをわたしはまともに使用したことがなかったのでそれらについて知るいい機会となりました。また,実際に決定木を用いて分類を行い,機械学習の初歩を理解することができたと思います。