NEWS TOPICS

  • 追加する

こんにちは 開発第6部 中野貴仁です。

この度、Python3エンジニア認定 データ分析試験に無事合格しましたので、試験のことや学習方法についてご紹介させていただきます。

 

  • 試験概要

Python3エンジニア認定 データ分析試験とは一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会が実施する、Pythonを使ったデータ分析の基礎や方法を問う試験です。

主に以下の内容に関する問題が出題されます

・大学で学習する数学の基礎(解析、線形代数、離散数学、確率統計など)

・機械学習の基礎知識

Pythonの文法や仕様

Pythonのデータ分析・機械学習に関するライブラリとJupyter Notebookの利用

 

  • 自身のスキル

既に以下の試験に合格しております。

Python3エンジニア認定 基礎試験

AWS認定 Machine Learning – Specialty試験

AWS認定 Data Analytics – Specialty試験

以上の試験踏まえて、Pythonの基礎知識、機械学習・データ分析に関する基礎知識を身につけています。

 

  • 学習方法・試験対策

学習期間は約5日間でした。

使用した図書は、「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」(翔泳社)です。この教科書の範囲から出題されます。

また、認定スクールである「PRIME STUDY」と「DIVE INTO CODE」のサイトで模擬試験を受験できます。

勉強の進め方としては、教科書を軽く一読し、模擬試験に挑戦、再度教科書で学習という形を繰り返しました。また、実際にコードの記述や、機械学習を実装することで、より理解を深めました。

 

  • 本試験・感想

ローカルテストセンターで受験しました。

試験問題は全40問で、問題文に適した解答を選択する形式です。

試験時間は60分、評価は1000点満点で合格ラインは700点です。

 

即答レベルの問題が多いので、時間はとても余裕があります。問題のレベルは模擬試験よりも容易でした。

結果は950点で高得点の合格でした。

 

個人的な感想としては、学習するに当たり、実際にサンプルコードをコーディングして実行することで、各Pythonライブラリの仕様を理解して覚えることができ、より充実した学習ができたのではないかと思います。今後の実践へとつなげていきたいと思います。