NEWS TOPICS

  • 追加する

20214月に入社しました、副田明稔です。

この度私はAWS Certified Machine Learning – Specialtyを受験し、合格することができましたので、試験と学習方法についてまとめました。

 

  • 試験概要

AWS Certified Machine Learning – Specialtyは、開発あるいはデータサイエンスの業務を行っている方を対象としています。

この試験では、与えられたビジネス上の問題に対する機械学習ソリューションを設計、実装、デプロイ、維持する受験者の能力が検証されます。

 

  • 教材、学習方法

試験対策として活用した教材を以下に示します。

Coursera「機械学習」

・公式のLearning-Path

UdemyAWS Machine Learning Certification Exam | Complete Guide

UdemyAWS Certified Machine Learning Specialty Full Practice Exam

UdemyAWS Certified Machine Learning Specialty: 3 PRACTICE EXAMS

UdemyAWS Certified Machine Learning Specialty (MLS-C01)

Amazon Web Services WEB問題集で学習しよう

・公式の模試

 

次に教材をどのように活用したのかについて述べます。

Coursera「機械学習」では機械学習の基礎知識について学びました。Courseraの動画では数式が多く出てきますが、本番の試験で数式について問われることはありませんでした。

 

公式のLearning-Pathでは試験で問われるAWSのサービスについて学びました。しかし、各サービスについて詳しく説明されていないので、その部分を他の教材で補う必要がありました。

 

AWS Machine Learning Certification Exam | Complete GuideAWSのサービスを詳しく知ることに適した教材でした。この教材は動画でAWSのサービスについて説明していますが、音声や字幕が英語しか対応していなかったので、動画中のスライドをダウンロードして日本語に翻訳したものを使って勉強しました。また、スライドの総枚数が500枚以上あるので、重要な部分をピックアップする必要があります。

 

残りの教材はすべて模試として活用しました。実際の試験でも模試と同じ問題や似たような問題がいくつか出題されました。特に、Amazon Web Services WEB問題集で学習しようは、7問が1セットになっており通勤時間のような隙間時間で勉強するにはとても便利でした。

 

  • 本試験の感想

私は初見の状態で模試を解いても一度も合格点を取ることができないまま本試験を受けました。なので、試験に合格する自信が全くありませんでした。試験時間は3時間ありそのうち2時間を解答時間に割り当てて、残りの1時間を見直しの時間としました。模試で解いたような問題もありましたが全くわからない問題もあったので、問題を解き終えて結果を見るまでは、試験に落ちたなと思っていました。しかし、結果を見ると合格していたのでとても驚きました。

 

この度はAWS Certified Machine Learning – Specialtyを合格することができましたが、この後はAWS Certified Data Analytics – Specialtyの受験があるので、油断せずに日々努力していきたいと思います。