NEWS TOPICS

  • 追加する

開発第6部 岩本樹音です。

 この度Java SE 8 ProgrammerⅡ試験を合格することができましたので、その勉強方法を共有したいと思います。

 

【試験の概要】

Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 8 認定資格は、設計者の意図を正しく理解して独力で機能実装が行える中上級者向け資格です。Javaアプリケーション開発に必要とされる汎用的なプログラミング知識を有し、設計者の意図を正しく理解して独力で機能実装が行える能力評価することを目的としています。また、前提資格としてJavaSilverの資格が必要になります。

問題数は85問、試験時間は150分で合格ラインは65%になっています。

 

【事前知識】

取得済みだった資格は以下の1つです。

Oracle Certified Java Programmer, Silver SE

 

【学習方法】

学習に使用した教材は以下の通りです。

[1]オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Gold SE 8

[2]徹底攻略 Java SE 8 Gold 問題集 [1Z0-809] 対応 徹底攻略シリーズ

 

初めに[1]を使い、大まかな内容を把握し、章ごとの演習問題で理解を深めました。[1]の模擬試験を解き終わった後に、[2]を使い、問題を解いていきました。[2]では解答のところに試験対策が載っているので試験の時にどこに注意すればよいかがわかりやすかったです。

その後は、ひたすら模擬試験を解いたり、[1]についているチェックシートを暗記したりしました。

 

【感想】

今回の試験は一発合格ではなく2回目で合格でした。

一回目の試験では教科書や問題集で見たことのないような問題が多く出題され、時間が無くなり、見直しができませんでした。また、基礎が十分でなかったため、覚えていれば解けるような問題で迷ってしまったのが不合格だった原因だと思っています。

2回目の試験では教科書や問題集で見た問題が50問くらい出ていたので、見直しを含めても時間が1時間余りました。チェックシートを1回目の試験の時から暗記していれば一発合格出来ていたなと後悔しています。

 次はPythonデータ分析の試験ですが、しっかりと基礎から勉強して一発合格を狙いたいと思います。